インタビュー · 2019/06/04
ある日突然訪れた、予想だにしない「キャリアの挫折」。孤立し、絶望し、自らの存在価値さえ見失いかけた苦しみを乗り越えて、笑って働ける日々を取り戻した佐藤さん。その経験から、「もう誰にも、どん底の苦しみを味あわせたくない」と強く願い、精力的にキャリア立て直しの支援に取り組んでいます。

JCCA通信 · 2019/05/16
JCCA通信 2019年改元号

インタビュー · 2019/05/07
複数の専門を基にして、広く活躍できたら?企業などの人材育成では、「Π(パイ)字形人材*」とも言われます。理学療法士としての活動で感じた課題を解決するために、大学や大学院で社会福祉も学び、広く活動することで、社会に貢献している吉川和徳さんのお話です。 * Π(パイ)字形人材:2つ以上の専門分野を持ち、それにより独創的な発想ができる人材のこと。

インタビュー · 2019/04/02
時代の壁・予期せぬ環境変化を乗り越えて、37歳でマーケティング会社設立。均等法前の就活にはじまり、育休、子育て、転勤など、たくましく柔軟に乗り越えて、ご自身の信念を持ってキャリアを築いてこられました。現在もマーケティングコンサルタントとして活躍されています。

インタビュー · 2019/03/24
49歳での突然のリストラ。家族のために「コンチキショー!ここで終われない」と、がむしゃらに働く中でつかんだもの、不安定な状況でも、しっかりと自身の人生と向き合って手にした大切なものは何か。人生100年時代をいかに自分らしく生きて行けるかのヒントがぎっしりとつまっています。〝偶然″は偶然にあらず。


インタビュー · 2019/01/19
三谷 晃一(日本キャリア・コンサルタント協会 理事長) 日本企業、外資系企業で人事、広報部門などを担当。現在は、キャリアコンサルタントとして、主としてハローワークで活躍。サッカーが好きで、浦和レッズのファン。 インタビュー担当:上坂浩史、片山俊子 書記:一言映子

キャリアコラム · 2018/09/25
「キャリア」という言葉、何を意味していると思いますか? 仕事のこと? それとも、人生全体? 実は、時と場合によります。仕事だけの場合もあれば、人生全体の場合もあります。 自身が将来的にどのような仕事をしていくか、どのように生きていくかを考えること、これも「キャリア」です。...

キャリアコラム · 2018/09/10
四国の高知県に日本最後の清流と言われる四万十川があります。全長196km、四国で一番長い川です。山から流れ出た源流は、半分にも満たないところで、海まであと少しの場所にたどりつきます。しかし、そこから、また山に入り、何度も何度も蛇行を繰り返した後、海に注ぎます。...